役立てたい!家庭教師のアルバイトの心構え3選

生徒と仲良くなろう!

生徒は始めはとても緊張しており、まずは警戒心を解くことから入ると良いようですよ。生徒が好きな教科や苦手な教科、また今興味を持っているものなど雑談を交えて話していくうちに生徒の緊張感も和らぎ、また生徒のことも詳しく知ることができ、信頼関係も生まれるでしょう。雑談をしばらくして緊張感がほぐれてきたら、メリハリをつけ、まじめな話に入ると勉強を教えるのにスムーズにいきます。緊張したままいきなり勉強に入っても頭には入ってきませんよね。まずは心を開いてくれるような信頼関係を築きましょう。

生徒のレベルに合わせて教える

生徒が苦手な科目があり、成績も伸び悩んでいる場合、まず生徒のレベルに自分を持っていき、生徒の目線から一緒に考えていくような姿勢をみせます。上から目線で間違えたところを指摘されても良い気分にはならないし素直に聞き入れることができなかったりしますよね。どこが分からないか分からないという場合もよくあることなので、一つ一つかみ砕いて説明していき、どこが苦手なのか、どうしたら苦手を克服できるかを一緒に考えていきましょう。

生徒にあわせて目標を作り、無理をさせない

人からたてられた目標はなんとなく頑張れなかったり、納得がいかなかったりしますよね。家庭教師は一方的に目標をつくるのではなく、生徒と一緒に同意の元で目標をたてましょう。集中力をアップさせるために、プリント類は興味を引き付けるようなものにし、休憩はこまめにとらせましょう。些細なことでも褒めて、やる気を引き出すことも大切です。例題は2回解き、指導中にやったことを宿題としてだして繰り返しさせることで苦手分野が得意分野に変わることでしょう。

家庭教師のバイトを始めるには、家庭教師を斡旋する会社に登録したり、インターネットでの募集サイトに登録することが必要になります。