改めて思う!社会人としてのマナーって難しい?!

基本は「ホウ・レン・ソウ」!

ビジネスマナーの基本としては、報告・連絡・相談の「ホウ・レン・ソウ」があります。これは仕事の基本でもあるので、どのような世界であっても、これがきちんと身に付いていればビジネスパーソンとして通用するでしょう。先ず、「ホウレンソウ」で大事なのが、支持を適切に受ける、という事です。その為には、日頃から上司とのコミュニケーションをよくとっておくことが必要です。支持内容に疑問点などがある場合、コミュニケーションが取れていれば、不要な遠慮などをしなくて済むからです。

ビジネスマナーは身だしなみから!

ビジネス社会において、身だしなみはとても重要なファクターとなっています。それは、仕事においては信頼関係が最も重要で、初対面の人がどれだけ信頼できるかどうかは、外見から判断されるからです。確かに、「外見がよければ中身もよい」とは限りませんが、第一印象が後々の取引においても、重要になってくる事は確かです。また、本人の仕事に対する意気込みをはかる尺度としても、身だしなみを見られる事があるので、ビジネスパーソンとしてはきちんと身に付けたいマナーです

マナーの大元は相手への敬意!

ビジネスに必要なマナーというと、細かく色々なルールを想像しますが、大元をたどれば一つであり、それは相手への「敬意」であると言えます。敬意があるからこそ、相手に失礼にならないようにしたり、不快にならないようにしたりするわけです。そうした敬意は相手にも伝わるもので、そこで信頼関係が生まれることになります。仕事の喜びとはそうした人と人との信頼によるつながりから出てくるので、また良いつながりは次のビジネスにもつながるわけです。

勤務時間や休憩、休暇、昇級や昇格の基準を示したものが就業規則です。働き方を明確にしておくことで従業員のモチベーションアップにも繋がります。