見切り千両!知っておきたい資産運用の格言

資産運用のためには格言を知ることが大切

資産運用の世界には、投資の先輩が残してくれた多くの格言があります。この格言の意味をよく理解することによって投資の失敗を最小限に抑えることができるでしょう。もちろん、実際に身銭を切って投資をするという行動は実体験を生み出してくれる貴重な行動ですが、それと同様に格言を知る、理解するということも重要だといえるでしょう。格言を知ることは、まさに投資の先輩から資産運用の稽古をつけてもらっているようなものだいえるかもしれません。

見切り千両とはどういう意味か?

自分の人生において学ぶ方法は、実体験と共に第三者から生の声や書籍を通じて教えてもらうことも有効です。格言の活用もその一つといえるでしょう。有名な格言はいくつもありますが、その一つに「見切り千両」という言葉があります。ここでいう見切りとは、投資における手じまいと考えるといいでしょう。例えば、すでに購入をした銘柄の価格がどんどん下がっていく段階においては、さっさと見切って売却することに大きな価値があるという意味です。

見切り千両をもっと理解する

価格下落局面ではさっさと売却することが大切なのは誰でもわかります。これが格言になるということは、実際に下落局面に身を置くと、「もう少し待ったら、価格が戻るのではないか」という考えにとらわれてしまい、損を確定して売却する行動がとれないことが往々にしてあるということです。損を確定するための売却は心理的に大きな負担がかかりますが、早めに手放せば大きな損失を被ることはない、つまり「千両」の価値があると教えてくれているのでしょう。

ガソリンの先物は価格予測がしやすいので、ローリスクでミドルリターンの投資商品です。初心者でも手軽に始められます。