資格で何ができる?司法書士が資格で携わる仕事内容

不動産取引でサポート!司法書士資格の不動産登記業務

法律関連の仕事が数ある中で、資格取得の難易度が高めであるのが、司法書士の仕事です。資格を取ってどのような仕事ができるのか、知っておかなければ資格取得にモチベーションがあがりません。司法書士の資格を取得することでできる仕事の一つとしては、登記に関する業務内容があります。土地や建物などの不動産物件は、登記によって権利関係が管理されています。不動産売買などで登記が必要な人のために、司法書士の資格が活かせます。

会社の設立に協力!法人登記で活躍する司法書士資格

会社は、利潤を求める民間組織である一方で、社会的な責任も同時に負っています。そのため、会社など各種の法人設立では、公の監督行政機関への書類の提出を必要とします。法人登記の手続きを行う際には、司法書士の資格が利用できるでしょう。時代の変化により、法人に関する登記手続きも変わりつつあります。各種の法人登記手続きについて、確実に行う事ができる知識などの能力が、司法書士の資格を取得する上では問われますね。

民事裁判で助けになれる!司法書士の資格の価値

社会では、人間同士でトラブルが生じることもよくあるでしょう。そのような時、民事裁判で決着をつける事も多いですね。民事裁判を行うには、裁判所に提出する書類を作成しなければなりません。司法書士の資格があれば、民事に関する裁判書類の作成を業務として行う事ができます。裁判に関しては、弁護士と業務内容が重複する部分もあるものの、司法書士資格を取得しておけば、民事の面で訴訟の分野の仕事に関わることが可能です。

司法書士の試験は、年一回、7月の第一または第二日曜日に筆記試験が行われます。筆記試験に合格すると、10月に口述式の試験があります。そして、11月に最終合格発表があります。