知っておきたい!行政書士試験の内容とは?

行政書士がなぜ必要なのか?

もし「商売を始めよう」と思ったときには、実際に商売を始める前に、さまざまな書類を作成したり、手続きをしなければなりませんよね。たとえば、喫茶店を始めようとする場合には、飲食業許可申請書を作成し、官公署で手続きをする必要がありますね。法人組織にしたり官公署からの補助金を得るためには、さらにいろいろな書類を作成し、手続きをしなければなりませんよね。しかし、これらの書類を作成して手続きをするためには、各種法令についての専門的な知識が必要ですね。そこで、書類の作成や手続きの専門家が社会で必要とされるようになり、その専門家として「行政書士」という国家資格が誕生したんですよ。

行政書士試験の特徴とは?

業務の特性上、「行政書士となる資格を有する者」を選抜する行政書士試験には特徴があるんですよ。法令等の出題分野は、基礎法学、憲法、民法、行政法、商法の5つですが、行政法は、実際には、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法などに細かく分かれていますね。また、基礎法学では、あらゆる法律についての知識を問うような問題も出ていますよ。行政書士の業務範囲の広さから、多数の法律についての知識が問われているんですね。

一般知識等も問われる!

行政書士試験では、法令科目だけではなく、「行政書士の業務に関連する一般知識等」という科目も出題されますよ。これも、行政書士の業務範囲の広さから、法律の知識だけでは業務に対応できないということで出題されているんですね。例年、法令等、一般知識のそれぞれに基準点があり、どちらかの試験科目で基準点に満たない場合はには、たとえ他方が満点であっても不合格となりますよ。これも、業務の性質上、知識の偏りがないことが求められていることの現れといえますね。

年に一回行われる行政書士の試験の申し込みにはインターネットと郵送の二種類の方法があります。受付期限がそれぞれ異なっているのでしっかりと確認することが必要です。